一戸建てリフォームと建て替え

注文住宅で新築した一戸建ては、リフォームしながら長く暮らすのに適しています。
最新の技術で建て替えるよりも経済的に維持管理できるのがポイントです。
注意したいのは、あくまでも建物としての構造体が健在だという条件つきの点です。もしも建物としての構造体が弱っていたり劣化している場合には、リフォームで済ませるべきか建て替えるべきかを、しっかりと検討するように心がけましょう。
構造体は柱と梁です。建て方によっては壁材や筋交いで耐震性能を強めていますが、基本は柱と梁です。柱と梁の構造体が健在であり続けるためには、基礎と土台が安全でなければなりません。柱と梁の構造体は骨組みです。
在来工法と呼ばれる伝統的な工法は、注文住宅でも多く取り入れられています。在来工法は木造軸組が強さのポイントです。木造軸組は、柱と梁が耐震性能を始めとする建物としての耐久性を象徴しています。
柱と梁は、腐敗しにくい国産の天然無垢材が使用されていると、格段の耐久性を発揮します。腐敗しにくいだけでなく、老朽かもしにくいですし、害虫の被害にも合いにくいのが特徴です。
しっかりとした構造でも、基礎と土台に問題が発生してしまった場合は、建て替えを検討したほうが良いでしょう。検討したうえで、建て替えかリフォームかを選択します。
コンクリート基礎は、ごくまれなのですがシロアリ被害で損傷する場合があります。天然無垢材は食べられていない状態なのに、コンクリート基礎が部分的にかじられて壊されてしまいます。天然無垢材以外の木材を使用して壁材にしていると、壁材をシロアリに食べられてしまう場合もあります。

新築するときに、構造体だけ国産の天然無垢材を使用して、交換可能な部材を輸入材や集成材で施工しているときが要注意です。
低予算で仕上げた注文住宅は、交換可能な部材をリフォームするだけならば低予算で良いのですが、コンクリート基礎が壊されてしまうと低予算では施工できない大掛かりな工事になってしまいます。
シロアリ被害で注意したいのは、土壌の汚染です。建物だけでなく、庭土にコロニーが作られてしまう場合も多いからです。
建て替えならば、更地にしたときに庭土の交換や土壌の改良工事ができます。注文住宅なのに建て替えなければならないと感じたときは、トラブルの原因を把握し、トラブルの再発防止を取り入れた設計と施工を希望すると良いでしょう。
新築だからこそ大掛かりな交換や改良の工事が容易になります。

 

貯蓄家計見直しクラブ|生命保険の選び方童話女性の人生クレジットカードの即日発行じゃけんSEOアクセスアップ相互リンク集アフィリエイト相互リンクJALカードオーディオGetMoney工務店向け集客ノウハウ心の童話初値予想ショッピングカート